Comment lui dire

アラビアンコースト

推しが退団して思うこと。

ミュージカルオタクは常に「この俳優が演じるこの役を今観ておかなければもう二度と観られないかもしれない」という恐怖と戦っている。
そして、「この俳優が演じるこの役をもっと観ておけばよかった」という後悔に苛まれている。

それが贔屓俳優なら尚更だ。

たとえば私は応援している俳優である平方元基氏が『ロミオ&ジュリエット』で演じていたベンヴォーリオが大好きなのだが、再演で彼がベンヴォーリオにキャスティングされていないと知ったときは絶望したし、もう年齢的にも今後二度とやることはないんだろうなと思い深い悲しみに包まれた。同時にもっと観ておけばよかったとたくさん後悔した。



舞台において、『次』が100%あることはあり得ない。



再演で好きな俳優がまた出てくれるとは限らない。というか、そもそも再演してくれないかもしれない。


今回推し俳優が四季を退団して彼が演じる大好きな役がおそらくもう二度と観られないんだな、と思ったので気持ちの整理をつけるためにも考えたことを簡単に書いてみる。


ミュージカルを観るようになって初めてファンになったのが永野さんだった。
私が初めて永野さんを観たのはキャッツのミストフェリーズだった。まだ全然ミュージカルを趣味にしていなかったころ、オペラ座の怪人が昔から好きではあったが、当時の私にとってミュージカルは年に数回観に行く程度の少し高級な娯楽だった。何回も同じ演目を観るものでもないと思っていた。
キャッツに対しても最初は全然興味を持てなかったが、折角地元で上演しているのだから一度くらい観ておこうという気持ちで一度観劇した。初見では何が何だかわからずにもう一度くらい観ておこう、やっぱりよくわからないからもう一度…という不思議なハマり方をしていった。デビューしてまもなかった永野さんのミストフェリーズもそのころに拝見したのだが当時は話を追うのと出てくる猫を覚えるのに精一杯だったので、ダンスが上手でつい目で追ってしまうなあと思っていたくらいで特段好きというわけではなかったと思う。


段々とキャッツという作品そのものに愛着が湧くようになったころ(ここまで約1年)(長すぎ)、永野さんが五反田キャッツ時代に演じていたランパスキャットという役で久しぶりに登板したので私は興味を持って突発した。


一目でハマった。


どんなシーンを切り取っても指先まで流れるように美しくて、ダンスだけで物語を表現できる人だなと思った。ミストフェリーズのときとは違う男らしい力強さが喧嘩猫そのものだった。バレエもダンスも全然詳しくない私でも、凄いとわかるダンスで語りかける力というものを全身から感じた。(そして握手してもらったときにあまりにもイケメンでますます落ちた。)
四季で永野さんが演じた役は全て観たのだけど、今でもランパスが一番好きだという気持ちに変わりはない。
永野さんオタになった私は地元でのキャッツが終わったあとも色々なところへ永野さんを観に行った。
広島、仙台、静岡、福岡、そして札幌。思えばよく遠征したものだと思う。
キャッツ以外の舞台も観た。『コンタクト』はまさかのたった3回の登板であったが、血眼でチケットを探して観に行った。『ウィキッド』の3枠も大好きだった。
コーラスライン』のリチーでデビューすることが決まったときは震える手で前日予約をして運良くデビュー日のチケットを手に入れた。号泣した。
そして、似合うんじゃないかな?と心の中でずっと思っていた私が大好きなキャラクター、『ウィキッド』のフィエロにキャスティングされたときは本当に嬉しかったし、役の幅がどんどん広がっていくことに勝手に誇らしい気持ちになった。結局札幌でしか登板しなかったのだけど3回も観に行った。


だけど、永野フィエロを観るために3回目の遠征をしたとき、ふと思った。
そのうちウィキッドは関東に戻ってくるだろうし、永野フィエロはきっとそのときにたくさん観られるだろうし、高い交通費を捻出して観に行く必要があるのだろうか。
観劇は決して気軽な趣味ではない。チケット代だけで3000~15000円程度かかるし、遠征となると往復で軽く2、3万の諭吉とお別れすることになる。いつでも自問自答はしている。
わざわざ、行く必要があるのか。


ソング&ダンスで振付を担当されて、これからますます四季でご活躍されるんだろうなと思っていた矢先、パンフレットから名前が削除されたときは俄かには信じられなかった。
先日、彼が外部のイベントに出るという情報をSNSで目にしてようやく退団したのだという現実を受け入れることができた。


あのとき、私は札幌に永野フィエロを観に行って本当に良かったと思う。


あの舞台の記憶は時が経つに連れて段々と薄れていくだろう。だけどもし行かなかったら、大袈裟に感じるかもしれないけど、一生後悔することになったと思う。
この先四季で永野さんを観ることは叶わないかもしれないが、永野ランパスが大好きで永野ミストの美しいダンスに魅了され、そして永野フィエロの歌に感動して、その一瞬一瞬から「好きでよかった」という感情を受け取ることができたことは私のミュオタ人生の中でかけがえのない大切な思い出として根付いている。


つまり何を言いたいかと言うと、少し無理をしてでも(もちろん無理しすぎはよくないけれど)観たいときに観たい人を観たい舞台で観るべきだということである。
四季も宝塚も劇団である以上辞めてしまえばその人が演じるその役は二度と観られない。劇団でなくても同じことだ。再演でキャスティングされる保証なんて1ミリもない。それに、自分にだって何が起きるかはわからない。明日のことなんて誰にもわからない。それならば私は後悔がないようなオタク人生を送りたい。お金のことは後から考えよう。破産しなければそれでいい。破産したらその時考えよう。


私は後悔はしていない。



永野さんが四季以外の場所でご活躍されることを心からお祈りしています。